弁護士コラム

2014.06.26

協議離婚での弁護士の使い方

協議離婚の話し合いにて弁護士を使うとどのようなメリットがあるのでしょう?

まずは、法律問題です。協議離婚とはいえ、いずれが親権をとるか、養育費はいくらにするか、慰謝料はいくらにするか、財産分与はどうやって財産を評価するのか、どのような財産を分けるべきかなど等、法律問題は数えきれないほど発生します。
もしお子さんが小さい場合、養育費は20年程度発生しますので、月々の金額が1万円変わっただけで、総額としては200万円を超える金額の変化が生じます。つまり、慰謝料を多く取ろうとするより、養育費を上乗せした方が全体としてお得という場合もあるということです。
このような金額の交渉は、他の事例や相場、裁判所の判断などを知っていなくては交渉材料がありません。弁護士を代理人として就けた上で、金額の交渉を行うのがベストな方法と言えるでしょう。

また、離婚とはデリケートな問題で、感情のぶつかり合いです。話し合いだけでも相当な労力を必要とするものです。
これを弁護士が代わりに交渉してくれるとなれば、ご自身は新しい生活のスタートに向けて準備を進めていけるため、精神的負担が極端に少なくなるものです。

一度、ご相談に来られたうえで、ご自身の場合に弁護士を使うとどのようなメリットがありそうか、弁護士から直接説明を受けることをおすすめいたします。

離婚についてお悩みの福岡市・那珂川町近郊の方、佐賀・長崎・熊本など福岡県近郊の方も対応致します。お気軽に相談専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問合せください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ