弁護士コラム

2016.04.07

離婚後の戸籍

婚姻の際に氏を変更していない者は、離婚の際も戸籍に変更は無い為、婚姻中の戸籍に留まることになります。

婚姻によって氏を変更した配偶者は、それに伴って戸籍も移動していることになるので、離婚が成立すると戸籍を戻す必要があります。
婚姻前の戸籍(父母の戸籍)がそのまま残っている場合は、その戸籍に戻ることになりますが、何らかの理由で父母の戸籍が既に削除されている場合や、本人の希望がある場合には、新たに旧姓での戸籍が編成され、その戸籍に入ることになります。
なお、離婚後に旧姓ではなく婚姻中の氏を名乗ることを選択した場合は、婚姻中の氏での戸籍が新たに作成され、その戸籍に入ることになります。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ