弁護士コラム

2016.04.07

財産分与とは

離婚の際には、それまで夫婦で事実上共有してきた不動産や車、預貯金、保険、家財道具、証券などの財産を、両者で分ける必要があります。

実際の手続きとしては、配偶者の一方が他方に対して、財産の分与を請求することになり、この一連の手続きを、「財産分与」といいます。
なぜこのような手続きが必要かというと、不動産や預金などの財産は、夫婦のどちらか一方の名義になっている場合が多いので、「財産分与」をすることなく夫婦双方の名義通りに財産を分けてしまうと、不平等が生じることになってしまうからです。
そこで、その不平等を無くす為に、それぞれの貢献度に応じて財産の取り分を決め、名義を有する配偶者からそうでない方の配偶者へ財産を分け与える、というかたちをとるのです。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ