弁護士コラム

2016.04.08

退職金(2)

・ 離婚時には受け取っていない(支払われていない)退職金
これについては、会社の経営状態によっては支払われないかもしれないものですし、支払われるとしても額の予測がつきにくいため、財産分与の対象とはならない可能性が高いです。
もっとも、熟年離婚で退職まであと2〜3年であるという場合や、若年離婚であっても、近々の退職が決まっていて、退職金が支払われることがほぼ確実といえる場合であれば、財産分与の対象とされる可能性があります。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ