弁護士コラム

2016.04.18

離婚後300日問題とは

夫婦の離婚から300日以内に元妻が出産した子どもは、元夫との間の子どもであるとの推定が及び(嫡出推定)、現代のようにDNA鑑定等でそれが事実とは異なることが明らかな場合であったとしても、原則として、元夫を父親とする内容の戸籍しか受理されません。
また、離婚した元夫の子どもとして戸籍に登録されることを元妻が望まず、戸籍に登録されない子が出てきてしまう場合もあります。このような問題を、離婚後300日問題と呼び、特に近年注目されるようになってきています。

 この問題に対処するため、妻が子を懐胎したであろう時期に、夫婦が長期間の別居をしていた場合や、夫が刑事収容施設に入っていた場合、夫が失踪していた場合等、明らかに夫の子ではないと言えるケースでは、嫡出推定は及ばないと言われています。
また、2007年から、離婚後の妊娠であるという医師の証明書を添えて出生届を提出すれば、婚姻の解消後300日以内に生まれた子であっても嫡出推定が及ばないものとして取り扱うことが可能となりました。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ