弁護士コラム

2016.04.19

準正とは



準正とは、非嫡出子として生まれた子どもに、嫡出子としての身分を取得させる制度のことを言います。  
準正には”婚姻準正”と”認知準正”の2種類がありますが、どちらも、まず父母間に婚姻関係にない状態で母が子を産み(非嫡出子)、その後に、【父母の婚姻】と【父による子の認知】の2つの手続きを経る、という点では変わりありません。
両者の違いは、どのような順番でこれら2つの手続きを経るのか、という点にあります。  
“婚姻準正”は、非嫡出子を父親が認知し、父子関係を成立させた後に父母が婚姻した場合の準正をいい、”認知準正”は、出産後に父母が婚姻し、その後、父親が子どもを認知してなされる準正をいいます。
いずれも、子どもが嫡出子としての身分を取得できるという点では同じなので、さほどこの分類を意識する必要はないかと思われます。

福岡市内の方だけでなく、那珂川・春日・大野城・大宰府・糸島・飯塚など福岡市近郊でお悩みの方々もお気軽に相談予約専用フリーダイヤル(0120-755-687)までお問い合わせください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

  • お問い合わせ
  • WEB予約
  • オフィシャルサイト
WEB予約弁護士法人菰田総合法律事務所アプリ